インターネットバンキングのセキュリティ対策

当社では、お客さまに安心してインターネットバンキングをご利用いただくため、インターネットを通じた取引におけるさまざまなリスクに対し、高度なセキュリティ対策を構築しています。

インターネットを通じた取引には、情報の盗取、データ改竄、本人へのなりすまし、コンピュータへの不正侵入など、悪意の第三者からの攻撃のリスクがあります。「三菱UFJ信託ダイレクト」では、これらの脅威に対抗するため、さまざまな安全対策を講じております。

インターネットバンキングをより安全にご利用いただく仕組みを導入しています

インターネットバンキングをより安全にご利用いただく仕組みを導入しています
FW&Co.,2015

インターネットバンキング専用のワンタイムパスワードカードをお客さまに無償でご提供しています。ワンタイムパスワードカードをご利用いただくことで、第三者による不正送金等を防止します。
ワンタイムパスワードカードのご案内

インターネットバンキング専用のウイルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」をお客さまに無償でご提供しています。
「Rapport(ラポート)」のご案内

銀行システムへの不正侵入を防止する体制を整備しています

銀行システムへの不正侵入ができないよう、防御システムを構えています。

銀行システムへの不正侵入ができないよう、防御システムを構えています。

通信内容の傍受を防止する仕組みを導入しています

インターネットバンキングにログインした後のお客さまと三菱UFJ信託銀行との間の通信は、SSL128bitにより暗号化していますので、通信内容の傍受は非常に困難です。

インターネットバンキングにログインした後のお客さまと三菱UFJ信託銀行との間の通信は、SSL128bitにより暗号化していますので、通信内容の傍受は非常に困難です。

他人による「なりすまし」を防止する仕組みを導入しています

暗証番号の入力用にソフトウェアキーボードをご用意しています。パソコンのキーボードに打ち込んだ暗証番号がキーロガーに盗み取られるのを防止します。

暗証番号の入力用にソフトウェアキーボードをご用意しています。パソコンのキーボードに打ち込んだ暗証番号がキーロガーに盗み取られるのを防止します。

ログアウトを忘れても他人に不正利用されにくい仕組みを導入しています

インターネットバンキングをご利用中の離席時にログアウトを忘れた場合でも一定時間が経過すると自動的にログアウトされます。

インターネットバンキングをご利用中の離席時にログアウトを忘れた場合でも一定時間が経過すると自動的にログアウトされます。
※自動ログアウトまでの間は不正利用される危険性があります。短時間でもパソコンから離れる場合には必ずログアウトしてください。

万が一、不正利用があった場合にも、被害を小さくする仕組みを導入しています

インターネットバンキングで振込取引があった場合、お客さまの電子メールアドレスに電子メールでお知らせします。不正利用があった場合にも素早く検知することができます。

インターネットバンキングでお振込み取引があった場合や、お客さまの会員番号を使用して一定回数以上誤った第一暗証が入力された場合などに、お客さまの電子メールアドレスに電子メールでお知らせします。不正利用があった場合にも素早く検知することができます。

万が一の災害や障害発生時に備え、対応体制を整備しています

インターネットバンキングの稼動状況を24時間常に監視し、万が一の災害・障害発生時にも即時に対応できる体制を整備しています。また、複数のサーバーを遠隔配備し、万全なバックアップ体制を構築しています。

  • インターネットバンキング
  • ログイン
  • 初めてログインする方はこちら
  • お申込方法
  • サービス内容とご利用時間
  • ご利用環境
  • 操作体験版
  • 手数料
  • セキュリティについて
ログイン 暗証番号を忘れたら