三菱UFJ信託ダイレクトに関するよくあるご質問

投資信託

質問「三菱UFJ信託ダイレクト」を申込めばすぐに投資信託の取引ができますか?
回答投資信託のお取引には、投資信託振替決済口座の開設手続が必要です。
またNISA口座でのお取引は、投資信託振替決済口座の開設に加え、NISA口座の開設手続が必要です。
質問投資信託の口座があれば、NISA口座での取引ができますか?
回答NISA口座でのお取引には、別途NISA口座開設のお手続きが必要(投資信託振替決済口座の開設が必要)となりますが、「三菱UFJ信託ダイレクト」では承ることができません。こちら(投資信託振替決済口座を開設している方投資信託振替決済口座を開設していない方)よりお手続きください。

また、NISA(少額投資非課税制度)については、こちらをご確認ください。

質問海外休業日の取引はできますか?
回答海外休業日のお取引は承ることができません。後日改めてお取引をご依頼ください。
質問10%軽減税率の特例措置はいつまでですか?
回答平成25年12月31日までです。
平成26年1月1日以降は、軽減税率の特例措置が廃止され、20%(他に平成25年より復興特別所得税が加算)の本則税率が適用されます。詳しくは、こちらをご確認ください。
質問【ジュニアNISA】インターネットバンキングでの取引はできますか?
回答お申込みには、予め以下3点のお申込みが必要となりますので、お取引店またはお取り引きご希望店にお申し出ください。
≪インターネットバンキングでのジュニアNISA取引に必要な手続き≫
ジュニアNISA口座開設のお申込み
運用管理者の「三菱UFJ信託ダイレクト」のお申込み
「ジュニアNISAインターネットバンキング」のお申込み(平成28年4月より開始)
※ジュニアNISA制度のご案内はこちらからご確認いただけます。
質問【ジュニアNISA】インターネットバンキングではどのような手続きができますか?
回答購入、換金の手続きが可能です。スイッチング取引および収益分配金取扱変更はインターネットバンキングでは承ることができませんので、お取引店の窓口にてお願いします。
また、ジュニアNISAにおける電子交付サービスの利用設定はできません。
質問【ジュニアNISA】インターネットバンキングを申し込んだが、子どもの申込受付ハガキ、ワンタイムパスワードカードが届かない。どのように取引をすればよいですか?
回答申込受付ハガキ、ワンタイムパスワードカード(*)は運用管理者の方にお送りしております。(お子さま名義の申込受付ハガキ、ワンタイムパスワードカード(*)は発行されません。)
ジュニアNISAでのお取引は以下の手順で進めてください。
運用管理者の会員番号および第一暗証でログインします。(*)
会員専用トップページから[投資信託]をクリック後、お取引を行うお子さまの名義人を選択して取引を進めます。
(*) 三菱UFJ信託ダイレクト<インターネットバンキング>お申し込み後、約2週間後に申込受付ハガキ、左記ハガキ発送の2営業日後にワンタイムパスワードカードを発送いたします。

購入

質問投資信託の口座開設もできますか?
回答「三菱UFJ信託ダイレクト」では投資信託の口座開設(投資信託の振替決済口座の開設)は承ることができません。予め店頭またはホームページ経由でお手続きくださいますよう、お願いいたします。
質問投資信託はいくらから購入できますか?
回答インターネットバンキングでは、通常の購入は1万円から、定時定額購入サービス「とうしんつみたて」は毎月1万円から1千円単位で購入できます。

テレホンバンキングでは、10万円から購入できます。なお、テレホンバンキングでは「とうしんつみたて」はお取扱いしておりません。

換金

質問投資信託を換金した場合、どのくらいで代金が口座に入金されますか?
回答ファンドによって異なりますが、多くの場合、国内に投資するファンドの場合はお取引の4営業日後、国外に投資するファンドの場合はお取引の5営業日後に入金されます。
質問換金シミュレーションとはなんですか?
回答換金シミュレーションは、前日基準の残高(口数)および基準価額をもとに、お持ちのファンドを換金した場合の税金等を差し引いたお手取額をシミュレーションするものです。シミュレーション結果は、実際に換金した際のお手取額とは異なりますのでご注意ください。

スイッチング

質問スイッチングとは何ですか?
回答スイッチングとは、複数のファンドで構成されるグループ内において、あるファンドから他のファンドへ乗換をすることをいいます。スイッチングの際は、購入手数料が無料となったり、割引となることがあります。
質問スイッチングもできますか?
回答テレホンバンキング、インターネットバンキングとも、スイッチングは可能です(スイッチング可能なファンドに限られます)。

とうしんつみたて

質問「とうしんつみたて」の引落日は自由に設定できますか?
回答引落日は自由に設定していただけます。

インターネットバンキングでは、引落日の前営業日15時00分までに「とうしんつみたて」のお申込みが完了し、お引出口座に振替資金をご入金いただいている場合、当月からのお振替が可能です。
テレホンバンキングでは、「とうしんつみたて」のお取扱いをしておりません。
質問「とうしんつみたて」の積立金額の変更、積立の中断はできますか?
回答積立金額の変更や積立の中断手続きはできません。その場合には、一旦「とうしんつみたて」のご契約を解約した後、新たに「とうしんつみたて」のご契約をお申込みください。
質問「とうしんつみたて」の解約はいつまでに手続きをすればいいですか?
回答解約は引落日の前営業日15時00分までに解約手続きが完了している場合、当月から引落が中止されます。

電子交付サービス

質問電子交付サービスとはなんですか?
回答電子交付サービスは、投資信託のお取引に関連して、従来郵送していた書面を、インターネットバンキングの画面上で閲覧できるサービスです。郵送よりも早くお取引内容の閲覧が可能になるほか、内容をご確認いただき必要であればプリントアウトすることができるなどの利点があります。
質問電子交付サービスの対象となる書面はなんですか?
回答 (1)取引残高報告書、(2)取引報告書、(3)解約報告書、(4)収益分配金のご案内、(5)収益分配金再投資のご案内の5種類です。

なお、電子交付サービスをご利用中は、書面での報告書の交付(郵送)は行いません。

質問電子交付サービスに手数料はかかりますか?
回答電子交付サービスのご利用に手数料はかかりません。
質問電子交付サービスの設定内容は、どのように確認すればよいですか?
回答「電子交付サービス利用設定」画面の「変更前の設定内容」欄にて、ご確認いただけます。

「電子交付サービス利用設定」画面は、トップページより「投資信託」・「変更メニュー」ボタンを押下してご参照いただけます。

質問書面の見方を教えてください。
回答書面の見方を簡単にまとめた冊子がございます。電話にてご請求ください。

三菱UFJ信託銀行インフォメーションデスク
0120-349-250(つながりましたら「1」「2」を押してください。)
ご利用時間:平日9:00〜17:00(土・日・祝日等を除く)

質問オンラインサインアップ時に、電子交付サービスの設定手続き中に15時を過ぎた場合、どのような取扱いになりますか?
回答当日が約定日基準のお取引内容は書面で郵送され、次の約定日以降のお取引内容が電子交付されます。電子交付サービス利用設定を再度お手続きいただく必要はありません。
質問電子交付書面を閲覧すると、画面を操作できなくなりました。どうしたらよいですか?
回答Safari5.1をお使いの場合、電子交付書面をブラウザで閲覧すると、一部画面の反応が無くなる事象を確認しております(その他のサービスは問題なく動作します)。電子交付書面を「ダウンロード」することで、問題なく電子交付書面の閲覧が可能です。

収益分配金取扱

質問収益分配金取扱方法の変更とは何ですか?
回答投資信託の収益分配金について、分配金として受け取るか、再投資するかを変更することです。変更後の取扱方法は、「三菱UFJ信託ダイレクト」でご購入いただいた残高のみならず、既に保有されている残高についても適用されます。

商品性

質問実際に投資信託を購入や換金した時の価額が画面に表示されていた価額と違うのはなぜですか?
回答投資信託を購入や換金する場合の基準価額は、購入や換金のご依頼時には確定しておらず、一般的には、国内に投資するファンドはご依頼当日の夜間、国外に投資するファンドはご依頼翌営業日の夜間に確定します(詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください)。画面上では前日の基準価額をご参考として表示しています。
質問投資信託の取引にはどのような費用がかかりますか?
回答購入時には購入手数料がかかるほか、保有中は運用管理費用(信託報酬)がかかります。また、手数料ではありませんが、換金時に信託財産留保額として換金代金の一部をファンドに留保するものもあります(購入時に購入代金の一部を留保するファンドもあります)。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
質問投資信託は、通帳や証書に記載されますか?
回答投資信託は通帳や証書に記載されません。代わりに、定期的に「取引残高報告書」により期間中の取引やお預かり証券をご連絡します。
質問投資信託の基準価額はどこで確認できますか?
回答当社ホームページのほか、日本経済新聞などの新聞でも一部のファンドの基準価額を確認できます。
質問銀行休業日・夜間の取引についての留意点はありますか?
回答インターネットバンキングでは、お客様からの取引のご依頼を、毎銀行営業日の午後3時過ぎにまとめてお手続きします。銀行休業日や夜間に取引のご依頼をいただいた場合、お手続きは翌営業日の午後3時過ぎとなり、ご依頼時点からお手続時点までの間に市況に大きな変動が発生していることがありえます。このため、銀行休業日や夜間にお取引のご依頼をされる場合は、市況に注意を払い、必要に応じてお手続前にご依頼の取り消しをしてください。
質問償還(換金)乗換優遇枠とは何ですか?
回答あるファンドが、強制的に償還される場合、償還された代金の金額を乗換優遇枠といい、乗換優遇枠の範囲内で新たなファンドを購入する場合、その購入手数料が優遇されます。
質問保有している投資信託の運用状況はどう確認できますか?
回答当社ホームページに掲載される運用レポート(ファンドにより毎週更新、毎月更新)のほか、年2回郵送される運用報告書があります。
質問投資信託目論見書(交付目論見書)はどこで閲覧できますか?
回答当社ホームページに掲載しております。

残高照会

質問投資信託の残高照会はできますか?
回答可能です。

取引履歴照会

質問取引履歴照会ではいつからの取引が照会可能ですか?
回答過去15か月間の履歴を照会できます。
(ダイレクト会員お申込み前の履歴は最大4か月間の照会となります)
入金、支払明細は、平成28年3月11日以前が「約定日」となるお取引(購入、換金等)分までを照会できます。